中卒でもできる!稼げる仕事の探し方と年収・給料アップのコツ

仕事を探すとき、

  • 求人情報誌
  • ハローワーク
  • 求人サイト、就職・転職サイト
  • 就職・転職エージェント
  • 店舗の求人チラシ
  • 身内からの勧誘

などありますが、求人情報に載っている給料や待遇だけで、すぐに決めるのは決めるのはおすすめできません。

入社したら長い間そこで仕事していくことになるので、昇格や昇給など見込みがあるか?など長期的な目線も持って仕事探しをしたほうがよいです。

入社してから、こんなはずではなかった、こんな話聞いていない、となってからでは手遅れで、最悪の場合、また転職活動をする羽目になってしまうかもしれません。

そうならないように、長期的な目線で稼げる仕事の探し方と、年収や給料アップのコツをお届けしたいと思います。

目次

中卒でも稼げる仕事の探し方

頑張り次第で年収・給料が上がる仕事を探す

せっかく仕事が決まっても、低い給料・変わらない給料だとしたら歳を重ねるごとに生活は苦しくなります。

入社後もらえる予定の給料や昇給・昇格については必ず確認しておきましょう。

中卒の人が、頑張り次第で年収・給料が上がる仕事を探すコツは、やはり「学歴不問」「年齢不問」「経験不問」などの条件が前提となりますが、そのなかでも「歩合制」「歩合制」「成果報酬」などの記載ある求人を選ぶと良いでしょう。

また、求人情報に書かれた「学歴不問」という意味は、文字通り「学歴は問いません」という意味ですが、裏を返すと「学歴よりもあなたの経験や人柄、やる気を重視します」というメッセージも込められています。

そこで、普段の仕事の成果次第で給料が上がる仕事を選べば、年収も給料も上がりやすいです。

例えば、営業職・不動産業・保険業・車販売・タクシードライバーなど、売り上げが上がれば給料へも反映される事があり、自分が頑張れば頑張るだけ給料・年収も上がります。

これら歩合制の職業の給料は、原則として「基本給+歩合給」「完全歩合制」「歩合制積み立て」の3種類の給料形態があります。

固定給に比べて安定感がない代わりに実績が上がれば、それだけ多くの給料を得ることが可能です。

あわせて読みたい
中卒でできる仕事!正社員で採用されやすい職業18選 現在、日本の社会はまだまだ学歴社会です。 中卒だと仕事がないと感じている人の中には、中卒でできる仕事・正社員として働くことができる仕事はないのでは?と感じてい...

経験を積んで資格を取れる仕事を探す

会社で経験を積むことで資格を取れるかを調べておくと良いです。

仕事をしながら知識やスキルを磨き、資格を取得することで一時金や手当が出る会社があります。

また、転職することになっても資格を活かすことができます。

他にも、経験を積んでから昇格試験や認定される役割・資格に合格することで昇給や手当が付く会社もあります。

あわせて読みたい
中卒でも取れる民間の資格おすすめ20選!受験資格や合格率や難易度も 就職活動、転職活動、仕事での待遇UPのために取れる資格を探しているとき、 そもそもどんな資格があるのか? 受験資格あるのかな? 難しさはどれくらいだろう? と考...

得意・好きを生かすことが出来る仕事を探す

稼げる仕事を続けるには、知識やスキルアップは不可欠です。

中卒だろうが大卒だろうが、会社で成果を出し年収アップするためには、勉強や向上心は欠かせません。

また、学歴不問という言葉は、勉強しなくてもよい、できなくてもよいという意味でもありません。

勉強や継続することを苦手だと思っている人は、自分の好きな事や得意なこと、またはそれらにかかわる仕事を探すとよいです。

好きなことや得意なことであれば、苦しさやつらさを感じずに取り組みやすいからです。

例えば、自分の好きな事(情熱)とは、

  • その行為自体に価値を感じる
  • 没頭できる
  • 熱中できる
  • 夢中になれる

自分の得意な事(才能)とは、

  • 難なくできる
  • 人より上手くできる
  • スイスイできる
  • 自然とできる事

などがあります。

これらの中で1つでも思い当たるものがあれば、それに関わる仕事をすれば、向上心を持ちつつ知識・スキルアップも継続できる可能性が高いでしょう。

中卒者が仕事の年収・給料をアップする3つのコツ

1.代わりの効かない人材になる

同じ職場で経験を積んでいけば、その職場での専門知識を熟知した人材となり、職場でも信頼される人材となることができます。

信頼される人材とは、一般的に他人の為に働く、時間や納期を守る、見た目やマナーがしっかりしている、責任感がありムラがない等です。

逆に信頼を失う行動として、噂話をする、自分の意見を言わない、一人で仕事を抱え込む、マナー違反等があります。

信頼を得るという事で人間関係が円滑になる、仕事を任せてもらえる、自分の意見を聞いてもらえるなどのメリットがあります。

また、業務効率も上がり、仕事の成果も増え、自己成長にもつながります。

中卒で就職した場合、同級生が大卒で入社してきたときには、経験値を6年程度リードできるので、会社としては手放したくない人材となることができます。

中卒の人が、代わりの効かない人材となるには、同じ職場でコツコツ頑張る経験と信頼を積み重ねることが大切です。

あわせて読みたい
中卒・高校中退で正社員になるコツ6選!男性と女性で正社員のなりやすさは? 「正社員になれない」と悩んでいる中卒・高校中退の人は多いと思います。 たしかに、日本はまだまだ学歴社会なので、中卒の人たちにとって就職・転職は厳しい現実もあり...

2.資格・免許を取る

公務員、宅建、行政書士など中卒で取得できる資格もあります。

資格取得すると、先にも述べた通り手当や一時金が出る会社があり、転職の際に役に立つこともあります。

また、高卒資格を取ると就職・転職の際に中卒よりも有利になったりします。

勉強する中で、もう少し学問を追求したいと思った方は、高卒資格を取ると大学入学も視野に入れることもできます。

そして、どの業界でも取っておきたい資格の筆頭は、普通自動車免許です。

18歳の誕生日を迎えれば学歴に関係なく誰でも取得できます。

業務で車を運転する可能性がある職種の場合、ほぼ確実に「普通免許が必要」と求人票に記載されているので、見逃さないようにしましょう。

他には、語学の資格として「TOEIC」で高得点を狙うと良いです。

高卒でも、語学が堪能であれば学歴を超えて受けることが出来る求人の幅が広がります。

どんな求人を受けても「この人は英語で仕事が出来る」と判断してもらえて有利になります。

他にも中卒で取れる資格はさくさんあります。その一部を下記の記事にて紹介していますので参考にしてみてください。

3.独立する・起業する

勤めている会社での仕事が独立・起業できる仕事内容であれば、独立・起業することで大幅に収入がアップする可能性が高いです。

そのためには資金が必要となりますが、自己資金に頼らずとも国の金融機関の助けを借りることもできます。

また、資金を少なく進める方法としてネットビジネスがありますが、仕事内容と相性が良ければこちらで進めることもアリです。

独立する事という事は会社を辞めて同業種で独り立ちする事、例えば飲食店で働いていた人が辞めて自分の店を持つ事です。

起業するという事は、自分が今までやったことは無いが、何かの事業を始めて収入を得ることを言います。

例えば、ネット事業やフランチャイズチェーンがそれにあたります。

独立・起業するという事にはメリットとして、成果が報酬に現れる・労働時間が自由・定年がない等があります。

デメリットとしては国民保険・健康保険や税金・失敗すると大きな負債を抱えることになる事もある・退職金が無い等があります。

自分が独立・起業に向いているかどうかを慎重に考えてアクションを起こす事をおすすめします。

まとめ

中卒でも稼げる仕事の探し方として、具体的にどういうことを考えて探すのが良いかを紹介してきました。

長い目で見て安心して暮らしていくためには、自分の10年後・20年後の理想の姿をぼんやりでも良いのでイメージすることがとても大切です。

ぼんやりでも理想のイメージを持っていると、それに見合うライフスタイルや収入が気になり、仕事に関しても昇格・昇給はどうかな?など想像がはたらきます。

また、資格の取得は、いつ取得してもあなたの人生に大きく貢献すると思います。

独立・起業については、ある程度の資金と人生経験が必要ではないかと考える人もいますが、現在はそうではなくなってきています。この話はまた別の記事でお届けすることにします。

以上、「中卒でもできる!稼げる仕事の探し方と年収・給料アップのコツ」でした。

  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
先頭へ戻る
目次
閉じる